kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2019年06月04日(火)

JR東日本、燃料電池ハイブリッド試験車両製作と実証試験実施へ [ニュース(JR)]

 水素をエネルギー源としたハイブリッド車両(燃料電池)試験車両製作と実証試験実施について[PDF/575KB]|ニュースリリース:JR東日本

 JR東日本では、水素をエネルギー源とする燃料電池車両の開発を進めてきましたが、このたび、”ハイブリッド車両(燃料電池)試験車両”を製作し、営業路線にて実証試験を実施することを公表しました。

  • 【ハイブリッド車両(燃料電池)試験車両製作と実証試験の目的】
  • 水素を燃料とする燃料電池と蓄電池を電源とするハイブリッドシステムを搭載した試験車両を製作します。水素を燃料とすることにより、将来にわたり安定的にエネルギーを確保するエネルギーの多様化の実現や、CO2排出量の削減などのメリットがあります。
  • 実使用環境下での走行試験を伴う実証試験を行い、安全性、環境性能、車両性能などを確認します。実証試験を通じ、燃料電池制御技術の最適化や、地上設備に関する技術開発項目の検討など、将来の燃料電池車両実用化に向けたデータを収集していきます。
画像(320x217)・拡大画像(623x424)
  • 【ハイブリッド車両(燃料電池)試験車両の概要】
  • 構成:FV-E991系 2両(1M1T)1編成
  • 製作スケジュール:2021年度内に落成予定
  • 【実証試験について】
  • 実証試験実施路線:鶴見線、南武線尻手支線、南武線(尻手〜武蔵中原)
  • 実証試験開始スケジュール:2021年度の試験開始に向けて今後調整します。

 詳細につきましては上記ニュースリリースをご覧ください。

 JR東日本,燃料電池ハイブリッド試験車両FV-E991系を製造 鶴見線・南武線での実証試験を実施|鉄道ニュース|2019年6月4日掲載|鉄道ファン・railf.jp
 JR東日本、 燃料電池ハイブリッド試験車両「FV-E991系」製作へ 南武線等で試験 | 鉄道新聞
 JR東日本、燃料電池の新型ハイブリッド試験車「FV-E991系」開発へ 南武・鶴見線で実証 | 乗りものニュース
 JR東日本、水素を燃料にするハイブリッド車両「FV-E991系」の試験車両。2021年度落成、実証実験へ - トラベル Watch

Posted by kqtrain at 20時58分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=6635

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

6

2019


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.