kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2019年06月01日(土)

つくばエクスプレス、列車編成の8両化事業実施を決定 [ニュース(私鉄・関東)]

 8両編成化事業の実施を決定! 朝ラッシュ時間帯における抜本的な混雑緩和を図ります | 2019年 | ニュースリリース | 企業情報 | つくばエクスプレス

 つくばエクスプレス(TX)を運営する首都圏新都市鉄道では、現在の混雑緩和を図るため、運行本数増加を推進していますが、沿線人口は2030年代まで増加し続け、更なる利用者の増加が見込まれることから、将来において再度、朝ラッシュ時間帯の混雑と遅延の常態化が懸念されています。
 こうしたことから、抜本的な混雑緩和対策として「8両編成化事業」を今年度より実施することを決定しました。

  • 【8両編成化事業の実施】
  • <事業の概要>
  • (1)事業内容
  • [1] 8両編成車両の運行に必要な設備関係工事(秋葉原駅からつくば駅の全線、総合基地等)
  • [2] 8両編成化に必要な車両の調達
  • (2)供用開始予定時期
  • 2030年代前半にサービス開始(予定)
  • (3)事業期間
  • 終電から始発までの作業可能な2〜3時間で、日々の安全・安定輸送を維持する保守・修繕等と並行して行う工事になるとともに、当社線は地下と高架の完全立体構造で限定された箇所からの資材搬入となり資材運搬だけでも時間を要することから、10年を超える事業期間を予定しております。
  • (4)概算事業費
  • [1]設備関係工事費:360億円程度(税抜、見込み)
  • (各駅のホーム延伸、車両留置線の延伸、変電所の増強、総合基地内設備の新増設、機械設備の新増設、信号通信設備の新増設など)
  • [2]車両調達費:未定(必要数量を今後決定)
  • <事業効果>
  • 1編成当たりの輸送力は6両編成時に比べ30%程度増加します。朝ラッシュ時間帯に適切な8両編成車両数を投入することにより、今後の旅客需要動向を考慮しても同時間帯の混雑率は150%を下回る程度まで低減することが可能になります。
  • ※混雑率は、現在の169%(2018年度)から25本化事業の実施により一旦155%程度(2020年度)まで低下する見込み。その後の利用者の増加を見込んでも150%を下回る程度まで低減が可能。
  • <その他>
  • (1)現在「ホームの安全性の向上」として実施している秋葉原駅及び新御徒町駅のホーム延伸工事は、本事業と一体化して取組んでまいります。両駅の延伸ホームは、駅の混雑緩和を図るため、工事完了後に順次利用を開始する予定です。
  • (2)8両編成化事業に係る工事期間中、ご利用のお客様や近隣住民の方にはご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

 詳細につきましては上記ニュースリリースをご覧ください。

 【つくばエクスプレス】列車編成の8両編成化事業実施を発表。8両化は2030年代前半予定 : 阪和線の沿線から

 TX,8両編成化に向けた事業を実施|鉄道ニュース|2019年6月3日掲載|鉄道ファン・railf.jp
 つくばエクスプレスが2030年代前半までに8両化へ…朝ラッシュ時の混雑率を150%以下まで緩和 | レスポンス(Response.jp)

Posted by kqtrain at 11時55分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=6632

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

6

2019


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.