kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2018年11月08日(木)

東武、静態保存していたC11形蒸気機関車の動態保存を目的とした復元に着手 [ニュース(私鉄・関東)]

 大手私鉄初!蒸気機関車の復元に挑戦!(PDF:461KB)|2018年度 | ニュースリリース | 東武鉄道ポータルサイト

 東武鉄道では、日本鉄道保存協会(事務局:東京都千代田区)が静態保存していたC11形蒸気機関車の、動態保存を目的とした復元に着手します。蒸気機関車を動態保存用として復元するのは大手私鉄として初めてです。

  • 【動態保存を目的とした復元について】
  • 復元予定機…C11形蒸気機関車
  • 復元予定日…2020年冬
  • 復元作業実施場所…南栗橋SL検修庫
  • <今回復元予定のC11形蒸気機関車について>
  • 1947(昭和22)年に江若(こうじゃく)鉄道(滋賀県)の発注により、日本車輌製造にて製造。江若鉄道で客車を牽引したのち、1957(昭和32)年から雄別炭礦(ゆうべつたんこう鉄道(北海道)、1970(昭和45)年から釧路開発埠頭(北海道)にて貨物列車を牽引して活躍しました。1975(昭和50)年廃車後、静態保存されていました。
  • 東武鉄道では、全国の鉄道会社からのご支援とご協力を得て2017年8月10日より東武鬼怒川線にて約半世紀ぶりにSL復活運転を実施していますが、この事業の目的の1つに「鉄道産業文化遺産の保存と活用」を掲げています。このたび、日本鉄道保存協会より一般財団法人東武博物館が譲り受けたC11形蒸気機関車の復元に挑戦し、日常の保守のみならず、SL全般の技術力を磨き上げていきます。
  • 復元が完了した際には、現在東武鬼怒川線にて「SL大樹」として運転している蒸気機関車「C11 207」と合わせて2機体制となり、「C11 207」の長期検査時などの際には、復元予定機を運転することで、日光・鬼怒川エリアでの年間を通してのSL安定運転が可能となるほか、他線区でのイベント運転等も検討可能となります。

 詳細につきましては上記ニュースリリースをご覧ください。

 東武鉄道、静態保存SLの復元に着手へ 「SL大樹」2機体制に | 鉄道新聞
 東武、蒸気機関車の動態復元に着手 「SL大樹」のC11形は2機体制に | 乗りものニュース
 北海道の蒸気機関車が再び東武へ…2両目のC11形を2020年冬に復元へ | レスポンス(Response.jp)
 東武,蒸気機関車の復元に着手|鉄道ニュース|2018年11月08日掲載|鉄道ファン・railf.jp

Posted by kqtrain at 16時14分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=6342

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

11

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.