kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2018年02月06日(火)

和歌山電鐵、ヤマト運輸と共同で鉄道で宅急便を輸送する「客貨混載」を開始 [ニュース(私鉄・関西)]

 和歌山電鐵とヤマト運輸が鉄道で宅急便を輸送する「客貨混載」を開始 | ヤマトホールディングス
 「三毛猫ヤマト便」?! 全国初登場!― 「よんたま」駅長就任後の初仕事 ―|和歌山電鐵 貴志川線 猫のスーパー駅長「たま」とおもちゃ電車といちご電車

 和歌山電鐵とヤマト運輸では、2018年2月16日より、ローカル電車の路線網維持と物流の効率化による地域住民の生活サービス向上を目的として、貴志川線の田中口駅-神前駅間の電車で宅急便を輸送する「客貨混載」を開始します。

  • 【取り組みの内容】
  • これまでヤマト運輸が宅急便センターから神前地域にトラックで輸送、配達していた宅急便を、貴志川線を利用して輸送し、リヤカー付き電動自転車で配達します。
  • (1)ヤマト運輸の社員2名が、和歌山太田センターで荷物を集配コンテナに積み込み、田中口駅へ向かいます。
  • (2)集配コンテナを電車に固定し、社員も電車に乗り込み7時15分に出発します。
  • (3)神前駅到着後は神前地域に向かい、集配コンテナと自転車をドッキングし、リヤカー付き電動自転車で集配を開始します。
  • 「客貨混載」によるメリット
  • (1)地域のお客さま…貴志川線の路線網が維持され、安定的に利用できることで、通学や通院など生活基盤の維持・向上につながります。また、神前地区での配達開始時刻が3時間早まるため、ご在宅時に荷物を受け取りやすくなります。
  • (2)和歌山電鐵…電車の空きスペースで宅急便を輸送することで、電車の路線網維持につながる新たな収入源を確保することができます。
  • (3)ヤマト運輸…神前地区は住宅が密集しているため、リヤカー付き電動自転車を利用することで安全性が高まるとともに集配効率が上がります。そして、配達開始時間がこれまでの11時から8時に繰り上がるため、サービス品質の向上と再配達削減による労働環境の改善が見込めます。トラックの走行距離が削減されるため、燃料費やCO2排出量の削減にもつながります。

 詳細につきましては上記ニュースリリースをご覧ください。

 ヤマト運輸、和歌山電鐵でも客貨混載輸送を開始 2月16日から | レスポンス(Response.jp)
 和歌山電鐵×ヤマト運輸,鉄道を利用した「客貨混載」を2月16日から開始|鉄道ニュース|2018年02月06日掲載|鉄道ファン・railf.jp

 【和歌山電鐵】ヤマト運輸と「客貨混載」を開始。田中口〜神前間で宅急便を輸送(2018.2.16〜) : 阪和線の沿線から

Posted by kqtrain at 21時24分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=6053

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

2

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.