kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2017年08月10日(木)

JR東日本と三井物産、英国における旅客鉄道事業の運営権獲得 [ニュース(鉄道)]

 英国における旅客鉄道事業の運営権獲得について [PDF/305KB]|プレスリリース:JR東日本
 リリース | 英国における旅客鉄道事業の運営権獲得について - 三井物産株式会社

 JR東日本と三井物産は、英国Abellio Transport Group Limited(以下「「アベリオUK社」)と共に、英国旅客鉄道運行事業フランチャイズの一つであるWest Midlandsの運営権を、英国運輸省より獲得したことを公表しました。

 英国では民間企業が旅客鉄道運行事業の運営を担うフランチャイズ制度をとっており、地域毎に分けられた各路線の運行事業者は、英国運輸省による入札によって決定されます。West Midlandsは、ロンドンへの通勤路線、ロンドンからイングランド北西部の都市リバプールまでをつなぐ長距離路線及びイングランド中西部にある英国第2の都市バーミンガムの都市圏輸送を担うものです。West Midlands運営にあたっては、英国運輸省より要請される、新車両の導入による輸送力増強や、ロンドン・バーミンガム周辺の通勤混雑緩和、お客さまへの情報提供や輸送安定性の強化等のサービス品質向上などの実現に向け取り組みます。
 West Midlandsは、三井物産・JR東日本の両社が共同で海外鉄道事業の運営に取り組む初めての案件となります。また、JR東日本が海外鉄道運行事業に参画する最初の案件であり、三井物産としては英国East Anglia旅客鉄道運行事業に続く、同国内2路線目の旅客鉄道事業参画となります。

画像(294x320)・拡大画像(590x641)
現在の運行事業者による本事業の運行概要
事業期間 2007年11月から10年間
路線長 899km
乗客者数 年間約7,360万人
車両数 551両(173編成)
駅舎数 約170駅
従業員数 約2,500人

 詳細につきましては上記ニュースリリースをご覧ください。

 JR東日本と三井物産、英で鉄道運営権獲得 ロンドン〜リバプール間などで列車運行 | 乗りものニュース
 JR東日本、英国で鉄道運営権獲得 海外鉄道運行事業に初参画へ | 鉄道新聞
 JR東日本・三井物産,英国での旅客鉄道事業運営権を獲得|鉄道ニュース|2017年8月10日掲載|鉄道ファン・railf.jp
 JR東日本、海外の鉄道運行事業に初参画…英国ロンドン〜リバプール間など | レスポンス(Response.jp)

Posted by kqtrain at 20時35分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=5760

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

8

2017


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.