kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2017年05月13日(土)

西武、2017(平成29)年度の設備投資計画について公表 [ニュース(私鉄・関東)]

 2017年度 鉄道事業設備投資計画(PDF)|ニュースリリース :西武鉄道Webサイト

 西武鉄道では、2017(平成29)年度の設備投資計画について公表しました。

  • 【2017年度鉄道事業設備投資計画】
  • 鉄道事業設備投資:総額 234億円
  • 【安全対策】
  • (1)駅ホームの安全性向上
  • ホームドアの設置…ホームドアは、ホーム上からの転落や車両との接触を防止するための設備です。現在、ホームドア整備を実施している池袋駅について、2017(平成29)年度は4番〜6番ホームに設置します。また、1日あたりの乗降人員10万人以上の駅(将来の想定含む)について、2020(平成32)年度を目途とし、ホームドアの整備を推進していきます。
  • 【現在設置工事中の駅】池袋
  • 【今後設置予定の駅】練馬、西武新宿、高田馬場、所沢、国分寺
  • 内方線付き点状ブロックの設置…2016(平成28)年度に引き続き、1日当たりの乗降人員1万人以上の駅について、優先的に内方線付き点状ブロックの整備を推進していきます。また、これ以外の駅においても早期に整備できるよう、計画をしていきます。
  • (2)新宿線連続立体交差事業の推進
  • 中井〜野方駅間連続立体交差事業(地下化)…2011(平成23)年8月に都市計画決定され、2013(平成25)年4月に事業認可を取得、2014(平成26)年1月に工事に着手しました。この事業が完成すると7ヵ所の踏切が除却され、踏切での慢性的な交通渋滞の解消、道路と鉄道それぞれの安全性の向上、また鉄道により分断されていた地域の一体化が図られるとともに、連続立体交差事業を契機とした駅前広場などの整備が促進されることで、快適なまちづくりにも寄与します。
  • 東村山駅付近連続立体交差事業(高架化)…2012(平成24)年10月に都市計画決定され、2013(平成25)年12 月に事業認可を取得、2015(平成27)年1月に工事に着手しました。この事業が完成すると 5ヵ所の踏切が除却され、踏切での慢性的な交通渋滞の解消、道路と鉄道それぞれの安全性の向上、また鉄道により分断されていた地域の一体化が図られます。
  • 野方〜井荻駅間および井荻〜東伏見駅間、早期事業化に向けて準備中…2016(平成28)年3月に東京都により新規に着工を準備する区間として社会資本総合整備計画に位置付けられた、野方〜井荻駅間および井荻〜東伏見駅間の連続立体交差化計画の早期事業化に向けて、事業主体である東京都や地元自治体と協力し、新宿線沿線の安全性・快適性向上に努めてまいります。
  • (3)地震対策の推進
  • 駅および橋りょうの耐震補強…国土交通省の指針に沿い、2017(平成29)年度までに対象となる駅および橋りょうの耐震補強を推進していきます。
  • 【サービス向上】
  • (1)車両の快適性向上
  • 40000系車両の増備…2016(平成28)年度にデビューし、有料座席指定列車「S-TRAIN」としても活躍している40000系車両を4編成増備します。4編成すべてを「ロング・クロスシート転換」車両とし、快適な着席サービスの拡大を図ります。
  • (2)情報配信機能の強化
  • スマートフォン向けアプリの導入…列車運行状況のプッシュ通知、および列車の現在位置などをお客さまご自身のスマートフォンで確認できる便利なアプリを導入します。さらに駅構内、周辺観光案内機能など、お客さまが西武線を便利に快適にご利用いただくための機能を搭載します。(iOS・Android 対応)
  • (3)駅空間の快適性向上
  • 所沢駅東口駅ビル計画(第T期)の開業…現在、当社では(株)西武プロパティーズと連携し、所沢駅の再開発を進めており、2018(平成30)年春にはその第T期となる所沢駅東口の駅ビルが開業する予定です。新たにオープンする商業施設の北側へ直接出入りできる改札の設置等、次世代型の駅ビルを目指しております。また、今回の計画は将来の西口開発計画も見据えながら、街の進化を促進させることをテーマとして、駅をご利用されるお客さまや近隣にお住まいの皆さまにとって利便性が高い「コミュニティ型の商業施設を中心とした駅ビルの開発」を進めています。
  • ひばりヶ丘駅北口のバリアフリー化…ひばりヶ丘駅北口については、西東京都市計画道路 3・4・21 号線整備事業の駅前広場整備に合わせてバリアフリー化を推進いたします。新たな階段に加えてエスカレーター及びエレベーターを整備し、2018(平成30)年度完了を目指して進めてまいります。この事業完了により、お客さまにはより快適に駅をご利用いただけるようになります。
  • 【環境対策】
  • LED照明の導入…LED照明は消費電力が低くCO2排出量削減の効果が期待できるため、駅や車両でLED照明の導入を進めております。2017(平成29)年度は、高田馬場、上石神井、東大和市、仏子駅などの計20駅で照明器具の取替に合わせてLED照明を導入します。

 詳細につきましては上記ニュースリリースをご覧ください。

 40000系増備、新宿線は地下化推進 スマホアプリ配信も 西武2017年度設備投資計画 | 乗りものニュース

http://news.mynavi.jp/news/2017/05/11/247/index.html

Posted by kqtrain at 18時10分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=5593

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

5

2017


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.