kqtrain.net

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2010年06月01日(火)

「京急ファミリー鉄道フェスタ2010」に行ってきました [旅の記録]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 2010年5月30日(日)に京急久里浜線の京急久里浜駅手前にある京急ファインテック久里浜事業所にて開催された「京急ファミリー鉄道フェスタ2010」に行ってきました。

画像(242x320)・拡大画像(485x640)

 「京急ファミリー鉄道フェスタ」はここ数年はこの時期に開催されており、滅多に見ることの出来ない工場内を見学出来るとあって人気のイベントとなっています。
 また、今回はまもなく引退を迎える事となっている1000形に関するイベントも実施されると予告されていました。

画像(320x232)・拡大画像(640x465)

 会場に入り、まずは車両の更新工事などを行う「特修工場」へと向かいます。
 京急ファインテックでは京急の車両だけではなく都営地下鉄浅草線の5300形についてもメンテナンスを行っており、「特修工場」には5300形の5303編成が入場してメンテナンスを受けていました。

画像(320x232)・拡大画像(640x465)

 そしてその隣には京急が保有する電動貨車デト11・12形が入場していました。
 デト11-12は1988(昭和63)年に廃車となった1000形の1095、1096の部品を活用し新製された資材運搬用の事業用無蓋電動貨車で、神奈川新町、金沢文庫、京急久里浜と点在する各検車区への資材運搬などで本線を走行します。
 入場しているデト11・12形は床下機器がすべて外されている状態でした。
 かなり大掛かりな作業のようでしたので、帰宅後にネットなどで流れている情報をチェックしてみると、今回の入場は走行機器の更新とのことでした。
 というのも、京急が保有する電動貨車はデト11・12形のほかにデチ15・16形、デト17・18形がありますが、いずれも廃車となった1000形の部品を活用し新製されており、1000形が全車引退となれば必然的に走行機器の部品確保も難しくなるため、走行機器の更新へと至ったのでしょう。
 ネットの目撃情報によれば既にデト17・18形が、VVVFインバータ制御化に伴って捻出された1500形の界磁チョッパ制御機器と台車に取り替えられたとのことですので、デト11・12形も同様の更新が行われるものと推測されます。
 続いて隣接する「主工場」へと向かいます。

画像(246x320)・拡大画像(492x640)

 「主工場」では、制御器、ブレーキ弁操作体験、パンタグラフ操作体験、車体上げ作業実演、安全・マナー教室などが実施されており、安全・マナー教室用として1000形の1381-1382が使用されていました。

画像(227x320)・拡大画像(455x640)

 1382のサボにはチョークで描かれたこんなお手製ヘッドマークが・・・。

 「主工場」奥には車両の留置場所があり、そこにも展示車両がありました。

画像(320x219)・拡大画像(640x438)

 800形814-1には1979年に受賞したローレル賞の記念ヘッドマークを掲げていました。

画像(320x210)・拡大画像(640x420)

 1000形の廃車発生部品を活用し新造された救援車クト1形クト2。
 京急では唯一の制御付随車(モータを持たない運転台付車両)で一般車両か保線用モーターカーで牽引されて救援に向かいます。

画像(320x224)・拡大画像(640x448)

 行先方向幕操作実演に使用された1000形1375編成。
 1000形として最期まで残っていた省略型の行先方向幕を装備した編成で、最近運用を離脱しましたが最後の御奉公ということだったようで、通常の運用ではお目にかかることのない「上野」「津田沼」や過去に存在した「羽田」幕などが掲示されていました。
 次に車両撮影コーナーへと向かいます。

画像(320x212)・拡大画像(640x425)

 車両撮影コーナーでは1000形の引退を記念したセレモニーが実施され、運転区長の挨拶のあと展示されていた1345編成に特製ヘッドマークが取り付けられました。

画像(320x228)・拡大画像(640x456)

 セレモニー終了後に物販コーナーで休憩を取り、再度車両撮影コーナーへ。

 車両撮影コーナーでしばらく並びの撮影に専念します。

画像(320x202)・拡大画像(640x404)
画像(320x217)・拡大画像(640x434)
画像(320x212)・拡大画像(640x425)
画像(320x202)・拡大画像(640x405)

 撮影終了後、特殊車両展示コーナーへ移動しました。

 特殊車両展示コーナーでは夜間に実施される線路保守使用されるマルチプルタイタンパーとバラストフィニッシャーのデモンストレーションが実施されていました。

画像(320x212)・拡大画像(640x425)

バラストフィニッシャー

画像(320x212)・拡大画像(640x425)

マルチプルタイタンパー

 デモンストレーションを見学後、保存車両である京浜デ51・湘南デ1の車内見学が出来るようになっていたので、見学してきました。

画像(320x212)・拡大画像(640x425)

京浜デ51

画像(320x212)・拡大画像(640x425)

湘南デ1

 そして再度物販コーナーを見て回った後、無料シャトルバスにて会場を後にしました。
 今回は1000形引退ということもあって、多くの人が来場していました。
 個人的には保存車両である京浜デ51・湘南デ1らとともに保存されるといいのですが、スペースが殆どないのでちょっと無理かもしれませんね。
 ともかく、来年も盛大に開催されることをぜひ期待したいと思います。

 京急ファミリー鉄道フェスタ2010に行ってきました: Kaz-T's blog レインボーライン
 1388.旧1000形の最後の花道なのか? 京急ファミリー鉄道フェスタ参戦〜前編|さすらい館
 1389.旧1000形の最後の花道なのか? 京急ファミリー鉄道フェスタ参戦〜後編|さすらい館

Posted by kqtrain at 23時59分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=2323

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

カスタム検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

6

2010


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.