kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2009年07月21日(火)

京成、新線開業後も京成本線での有料特急運行継続 [ニュース(私鉄・関東)]

 京成電鉄、スカイライナー運行−成田新線開業後も継続:日刊工業新聞

 京成電鉄では、2010年度の成田新高速鉄道開業後も、京成本線での有料特急「スカイライナー」の運行を日中に限り継続するとのことです。

 京成本線は、市川市、船橋市といった人口を多く抱える都市があることから、これらの沿線利用者が都心部、成田空港とアクセスする際の利便性を維持する目的で、ピーク時を除く日中に現行車両による有料特急を運行していくとのことです。
 一方、ピーク時には特急料金がかからない一般特急のみ運行することで途中駅でのスカイライナー通過待ちがなくなるため、所要時間が数分短縮することとなります。

 京成では現在、朝時間帯に上野方面への「モーニングライナー」、夕方時間帯に成田空港方面への「イブニングライナー」を運行(乗車券の他にライナー券大人400円、小児 200円が必要)していますが、これらが新線開業後にどのようになってしまうのかが今後の注目になりそうです。

京成電鉄、スカイライナー運行−成田新線開業後も継続:日刊工業新聞

 京成電鉄は2010年度の成田新高速鉄道開業後も、京成本線での有料特急、スカイライナーの運行を日中に限り継続する。ピーク時には特急料金がかからない一般特急のみ運行する。開業後は北総線経由の新線が成田国際空港アクセスの主力となる。現行車両を京成本線に一部残し、有料特急として運行することにより、千葉県内の京成本線沿線利用者が都心部、成田空港とアクセスする際の利便性を維持する。
 新線開業後、京成本線では市川市、船橋市といった人口を多く抱える都市の沿線利用者向けに、ピーク時を除く日中に現行車両による有料特急を運行。ピーク時の一般特急は途中駅でのスカイライナー通過待ちがなくなるため、所要時間が数分短縮する。
 現在、朝のピーク時間帯1時間あたりの空港アクセス列車の運行本数は有料特急スカイライナー3本、一般特急3本の計6本。

 最新!鉄道ニュース!!: 【京成電鉄】成田新高速鉄道開業後のダイヤ

Posted by kqtrain at 19時45分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=1894

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

7

2009


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.