kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2009年07月05日(日)

銚子電鉄、車両支援オーナー募集および車両愛称命名権売却 [ニュース(私鉄・関東)]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

デハ800型 801(笠上黒生)

 車両支援オーナー募集と車両愛称命名権売却要旨(PDF)|潮風とロマンのふるさと-銚子電気鉄道-

 銚子電鉄では、老朽化した車両の更新費用を確保するため、車両支援オーナー制度や車両に愛称をつける命名権の導入を決めたことを公表しました。

 銚子電鉄では、現在運用中の車両6両のうち、デハ700型(1942(昭和17)年製造)・デハ800型(1950(昭和25)年製造)の老朽化が著しく、2002(平成14)年に行われた国土交通省の安全性緊急評価で代替え更新を行うよう求められていました。
 銚子電鉄では、2008(平成20)年度中に代替え更新の完了する予定でしたが、同社の規格に合う車両が見あたらない、規格に合う車両はあるものの導入費用が掛かりすぎるなどの諸事情から、ずれ込んでいました。

 今回、愛媛県松山市の伊予鉄道で使用されていた伊予鉄道800型車両4両を導入する事となりましたが、導入にあたって付帯工事費も含めて1億4千万円程度費用がかかることから、車両支援オーナー制度や車両に愛称をつける命名権の導入を決めたとのことです。
 オーナー制度と、愛称命名権売却についての詳細は以下のとおりです。

  • 【募集要項】
  • ■車両支援オーナー制度
  • ○車両導入費用9,300万円のうち、概ね2,000万円を債券化し、一口10万円で200口を第一回オーナー募集します。
  • ○募集期間:2009(平成21)年7月中旬〜8月31日
  • ○募集口数:200口(一人最大10口まで)
  • ○オーナー特典
  • 一口につき1年間有効の全線乗車優待券を発行(最高10年間)
  • 車内にオーナー名を掲載(匿名を希望される場合は掲示しない)
  • ※優待券の起算日は毎年1月1日とします。
  • ※優待券の材質は口数に応じて硬化(プラスチック、金属)を検討中
  • ■愛称命名権売却
  • ○一編成につき一個の愛称命名権を売却いたします。
  • ○愛称の使用期限:原則無期限(当該車両が廃車するまで)
  • ○募集期間:2009(平成21)年7月中旬〜8月31日
  • ○審査:市民・有識者・当社社長と社員により絞り込みを行い、最終的には利用者による投票により決定
  • ○発表:次期車両出発式当日
  • ※命名権者様には、2009(平成21)年12月1日以降
  • ○売却金額:1編成=300万円
  • ○命名者特典:車両に掲出する愛称を記したプレートと同様のプレートを寄贈
  • ○応募資格 個人、法人を問いません。
  • ※決定した愛称については、命名権者様に如何なる理由が発生しようとも変更は致しません。
  • ※募集と並行して、オークションへの出品も予定しています。
  • 【申し込み方法】
  • ■車両支援オーナー制度並びに愛称命名権売却専用応募用紙を、各駅に備えるほか当社ホームページからもダウンロードできるようにします。
  • 応募は、所定の応募用押しに必要事項を記入の上、当社駅窓口にお預けいただくか、郵送でお願いいたします。
  • ■申込用紙の配布開始:2009(平成21)年7月中旬から

 より詳しい内容につきましては上記リリースをご覧ください。

 鉄道ニュース > 最新鉄道情報 > 銚子電鉄 車輌支援オーナー募集と愛称命名権売却:鉄道ホビダス

 ほぼ日刊 鉄道日和 【気まぐれ日曜版】伊予鉄道800系が銚子電鉄へ

銚電「車両オーナー」募集 : 千葉 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 銚子市の観光鉄道「銚子電鉄」は、老朽化した車両の更新費用を確保するため、車両支援オーナー制度や車両に愛称をつける命名権の導入を決めた。今月中旬から申し込みを受け付ける。

 同社によると、車両6両のうち、4両は1942、50年の製造で更新が必要となり、愛媛県松山市の伊予鉄道で使用されていた車両4両を約1億円で購入することになった。

 車両支援オーナー制度は、車両費のうち、2000万円を債券化し、1口10万円で200口のオーナーを募集する。オーナーには、1口あたり1年間有効の全線乗車優待券を最高10年間分発行する。

 愛称命名権では、車両が2編成あるため、二つの愛称を募集し、売却する。金額は1編成あたり300万円。愛称は廃車になるまで使用される。市民、有識者などが審査し、決定する。車両に愛称プレートを付け、命名者にも贈られる。応募資格は個人、法人を問わない。

 同社の向後功作・鉄道部次長は「今度は廃車車両の部品のオークションなども行いたい」と、新たな資金調達策を検討中だ。

 同社の2008年度末決算では、鉄道収入1億5000万円に対し、ぬれせんべい、たい焼きなどの副業収入が4億1000万円にに上った。

 ただ、安全設備対策工事費や鉄道部門の赤字損失があり、純利益は9万9000円にとどまり、厳しい経営が続いている。

 問い合わせは銚子電鉄(0479・22・0316)へ。

Posted by kqtrain at 02時10分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=1872

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

7

2009


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.