kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2009年06月28日(日)

運輸安全委員会、湘南モノレール事故原因は装置誤作動との報告書公表 [ニュース(私鉄・関東)]

 <鉄道事故調査報告書1件の公表について>◇平成20年 2月24日に西鎌倉駅構内で発生した湘南モノレール轄]の島線鉄道事故|運輸安全委員会

 2008年02月24日に神奈川県鎌倉市で湘南モノレールの下り列車が西鎌倉駅をオーバーランして分岐器に衝突した事故について、運輸安全委員会は加速や減速を制御するコンピューターの誤作動が原因と推定する調査報告書を公表しました。

 報告書によると、事故車両は送電された直流電流を交流に変換する「VVVFインバータ」を2台設置し、内部のソフトウエアでモーターを制御していますが、1台でノイズと呼ばれる電磁波が発生、通常はノイズを逃がすようにアースを取り付けていますが、正しく動作しなかったため、列車は前駅を出発後から加速状態のままとなり、運転士がブレーキを掛けても、減速状態に切り替わらず止まらなくなっていたことがわかったとのことです。
 事故直後の調査では、ブレーキディスクと呼ばれる円状の金属部品24枚のすべてが破損していたことから、ブレーキの故障が原因とみられていましたが、破損は無理にブレーキをかけた結果だったとのことです。

 ノイズによる誤動作が原因と推定されるとのことですが、近年の鉄道車両での採用例が多い「VVVFインバータ制御装置」でのトラブルであることから、採用している鉄道会社でのいち早いチェックをお願いしたいと思います。

 湘南モノレール事故、制御装置誤作動が原因/鎌倉 : ローカルニュース : ニュース : カナロコ -- 神奈川新聞
 asahi.com(朝日新聞社):コンピューター誤作動、減速できず 湘南モノレール事故 - 社会

湘南モノレール事故、モーター制御機器が誤作動 運輸安全委|NIKKEI NET(日経ネット):社会ニュース−内外の事件・事故や社会問題から話題のニュースまで

 湘南モノレール西鎌倉駅(神奈川県鎌倉市)で昨年2月、3両編成の列車がオーバーランし、対向列車の約19メートル手前で止まった事故で、運輸安全委員会は26日、モーターを制御する機器が誤作動したのが原因とする報告書をまとめた。機器は他の電車でも広く使われており、運輸安全委は注意を促している。

 報告書によると、事故車両は送電された直流電流を交流に変換する「VVVFインバータ」を2台設置。内部のソフトウエアでモーターを制御しているが、1台でノイズと呼ばれる電磁波が発生。加速状態から切り替わらず、ブレーキをかけても止まらなくなった。

 運輸安全委は、この車両のノイズを逃がすアース方法が特殊だったことなどから「ほかの鉄道で誤作動の可能性は低い」とする。だがソフトウエアの不調は発見が遅れがちのため、ブレーキが利かないときは電気の流れを止めるなどして列車を停止させることを運転士に周知徹底させるよう国土交通相に求めた

Posted by kqtrain at 22時04分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=1863

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

6

2009


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.