kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2009年05月14日(木)

JR北海道、札沼線桑園〜あいの里公園間電化へ [ニュース(JR)]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 JR北海道、学園都市線電化へ 桑園−あいの里公園 数年後めどに−北海道新聞[経済]

 JR北海道では、札沼線(学園都市線)のうち、桑園〜あいの里公園間について電化に着手するとのことです。電化により、列車の高速化や騒音低減を図るのが目的で、完成には数年かかる見通しとのことです。

 近年の札幌近郊での人口増に伴い、札沼線(学園都市線)の札幌〜石狩当別間の利用者は1日23,800人(2008年度)と10年間で2割の増加となっており、通勤・通学ラッシュが深刻となっていたことから、2000年に八軒〜あいの里教育大間を複線化し、列車運行本数を増やしました。

 ただ、現在運用されているディーゼル車の老朽化が著しい上に騒音や排ガスの問題、列車のスピードアップが難しいことなどから、電化を実施して老朽化したディーゼル車の置き換えを実施するとともに燃料費や車両の補修費の低減を行いたいとのことです。

 また、JR北海道では今後、札沼線(学園都市線)の「あいの里公園〜北海道医療大学間(13.8km)」についても電化を検討するとのことです。

 地味鉄庵 - JR札沼線電化へ・キハ141系列はどうなる?

JR北海道、学園都市線電化へ 桑園−あいの里公園 数年後めどに−北海道新聞[経済]

 JR北海道は本年度から、学園都市線(桑園−新十津川)の桑園−あいの里公園間の一五・一キロの電化に着手する。完成には数年かかる見通し。同線の札幌近郊区間は沿線人口増で利用者が増えており、電化により、列車の高速化や騒音低減を図る。

 同社などによると、総事業費は三十五億円で、うち七億円が国費、残りを同社と地元自治体で負担する。国費分は本年度の国の補正予算案に計上された。電化により、既存のディーゼル列車よりも加速性能が向上、燃料費や車両の補修費の低減も見込めるという。将来は、あいの里公園−北海道医療大学間(一三・八キロ)も電化を検討する。

 同線は全七六・五キロが非電化区間。近年の札幌近郊での人口増に伴い、札幌−石狩当別間の利用者は一日二万三千八百人(二〇〇八年度)と十年間で二割増加。通勤・通学ラッシュが深刻となったため、二〇〇〇年に八軒−あいの里教育大間を複線化し、列車運行本数を増やした。ただ、ディーゼル車の老朽化が著しく、騒音や排ガスの問題もあり、電化が課題となっていた。

 同社の電化率は全道で17・5%で、電化は〇三年の宗谷線の旭川−北旭川間の五・七キロ以来となる。

Posted by kqtrain at 21時40分   トラックバック ( 1 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=1828

JR北海道、札沼線桑園〜北海道医療大学間を電化

 札沼線(学園都市線)の電化について (2009.9.9) 【PDF/30KB】|JR北海道 - プレスリリース

kqtrain.net(京浜急行) 2009年09月09日 18時38分

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

5

2009


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.