kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2008年08月14日(木)

JR西日本、「ひかりレールスター」を九州新幹線全線開業に合わせて発展解消へ [ニュース(JR)]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

「ひかりレールスター」からの引退が決まった700系7000番台(岡山〜相生)

 ひかりレールスター廃止へ 九州新幹線全線開業に合わせ - MSN産経ニュース

 JR西日本では、新大阪〜博多間で運行している「ひかりレールスター」を発展解消し、2011年の九州新幹線全線開業に合わせて九州新幹線直通車両に置き換えることを公表しました。

 「ひかりレールスター」は航空会社にシェアを奪われていた関西圏〜福岡近隣地区への移動需要を確保する目的で、2000年(平成12年)3月から運行を開始しました。
 当時の最新車両700系を山陽新幹線内の需要に合わせて8両編成としましたが、座席配列を横2席ずつにし、座席幅やリクライニング角度を大きくした指定席、車内放送が流れない「サイレンスカー」、パソコン用コンセント付きの「オフィスシート」、簡易仕切り壁を設けて4人用の個室とした「コンパートメント」の設定などで車内の快適性を重視したほか、「のぞみ」の山陽新幹線の標準所要時間に比べて最大20分強ほど遅いものの、後続の列車に追い抜かれることが無いことや、指定席特急料金が「のぞみ」より安いこともあって指名買いも多く、指定席はほぼ満席状態となっています。

 ただ最近の乗車率はほぼ横ばいであることや、東海道新幹線区間での「ひかり」大幅減便に伴って増加した「のぞみ」が、これまで山陽新幹線区間で停車していなかった駅へも停車するようになったほか、「のぞみ」に新たに設定された自由席及びその特急料金が「ひかり」・「こだま」と同一額に設定された上に、「のぞみ特急料金」の値下げや割引乗車券類の大半も「のぞみ」での利用が可能になったことなどから、「のぞみ」との差別化があいまいになっていました。

 今回、「ひかりレールスター」における速達需要については、九州新幹線直通列車が担うことになり、「ひかりレールスター」用に導入された700系車両については山陽新幹線区間の「こだま」へと転用されるとのことです。
 山陽新幹線では「元祖」の0系の廃車、500系の短編成化と「こだま」への転用、と新幹線車両の再編が進んでいます。
 「ひかりレールスター」用の700系が「こだま」に転用されることにより、現在「こだま」で使用されている100系についても引退へのカウントダウンが始まったと言うことになるかと思われます。
 今後の動向に目が離せなくなりそうです。

画像(320x214)・拡大画像(640x428)

今後の動向が注目される100系(新大阪)

 阪和線の沿線から:「ひかりレールスター」700系7000番台、平成23年以降「こだま」へ転用へ。 - livedoor Blog(ブログ)

Posted by kqtrain at 23時18分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=1584

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

8

2008


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.