kqtrain.net(京浜急行)

京浜急行を中心に「これは!」というモノを取り上げるblog

2008年03月25日(火)

鉄道総研、駅や列車の危機、自動で検出・警告するシステム開発 [ニュース(その他)]

 駅や列車の危機、自動で検出・警告…鉄道総研がシステム開発 : 科学 YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 鉄道総合技術研究所では、鉄道の駅や列車内を監視するビデオ画像から、利用客の異常な行動や放置された不審物を自動的に検出、警告を発するシステムを開発したとのことです。

 仕組みとしては、撮影された物体の動きから「移動速度」「映っている時間」「物体が重なって離れる回数」など10の特徴を抽出し、それらの特徴の組み合わせから、ケンカや荷物の置き去り、破壊などの行為を判別するとのこと。

 カメラの視野に移動する物体が入ると、モニター上では円に囲まれて識別用の3けたの数字が付けられて追跡と解析を実施、複数の円の動きが、短時間で何度も重なり合ったり離れたり、拡大や縮小を激しく繰り返すなどの特徴を検知した場合、コンピューターは「ケンカ」と判断するほか、動く円から物体が離れると新たに別の円で囲まれ、そのまま動かないと「不審物の置き去り」とみなす・・・、とのことです。

 このシステムでは監視カメラの画像を元に不審物を自動的に拡大して映したり、最寄りの駅員の携帯端末に画像情報を送ったりして警告することも可能とのことです。
 テロなどの不測の事態に不審な行動をしている人物を絞り込む手段の一つとなるのでしょうが、普通の行動がこのシステムで警告の対象になったらちょっと困るかも・・・。

Posted by kqtrain at 22時39分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=1508

Today
Yesterday
Total
Top コラム?(リンクなし)
資料室 Topics
Gallery RouteMap
Profile Link
e-mail about

カテゴリーリスト

最近のトラックバック

リンク集

検索

プロフィール

ひろっぴ@かんりにん

ひろっぴ@かんりにん

元の趣旨とはかけ離れたblog(苦笑)

カレンダー

3

2008


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
インターネットができるルーム検索

RSS1.0 RSS2.0

powered by a-blog login

Copyright (C) 2009 kqtrain.net(京浜急行) All rights reserved.